ポール・ボキューズ氏が死去されました。
ボキューズ氏は世界で最も高名なシェフであり、世界中の料理人にとって最良の師でもありました。
 
料理への情熱を広く人々へ語りかけるよう、シェフたちをキッチンの外へと連れ出したのもボキューズ氏です。彼こそは、美食の法王ともいうべき存在でした。
 
最高峰の料理に捧げられた彼の長い人生は、数々の輝かしい偉業に彩られています。 1965年から50年以上ミシュランの3つ星を獲得し続けたシェフは、彼をおいて他にいません。それだけでなく、フランス料理の神髄を世界中に広めることにも尽力されました。その啓蒙活動がフランス料理の評価をいっそう高めたことに、私たちは深く感謝しなければなりません。
 
30年以上前、ボキューズ氏は国際料理コンクール「ボキューズ・ドール」を創設しました。この最も権威あるコンクールは、若いシェフ達がその才能を披露する舞台であり、料理が無限の創造の場であることを示す絶好の機会となっています。
 
気取らず親しみやすく、しかも伝統を重んじた風格のある料理は、彼の人柄そのものでした。20年に及ぶポール氏とのパートナーシップは、STAUB の大きな誇りです。私たちはこれからもずっとあなたを忘れません。
 
STAUB チーム一同