戻る

STAUBとポール・ボキューズ氏の1998年から続くパートナーシップ ポール・ボキューズ氏とSTAUB

アルザス生まれのSTAUB社と、リオン出身のミシュランシェフ、ポール・ボキューズ氏は1998年からフランス料理への愛情を通じ、揺るぎないパートナーシップ関係を築き上げてきました。

ある日、ポール・ボキューズ氏は彼を尊敬するシェフ達より寄せ書きをされた世界でたった一つの特別なSTAUBの鋳物ホーロー鍋を受け取りました。その鍋は、リヨン郊外にある彼のレストラン"L‘Auberge du Pont de Collonges"の最も目立つ場所に飾られています。

ポール・ボキュース氏は当初から、良品質の鋳鉄に特殊なエマイユ(ホーロー)加工が施され、多種多様な料理を作れるSTAUBの鋳物ホーロー製品の機能性とデザイン性を評価していました。

数年の深い交流を経て、ポール・ボキューズ氏はSTAUBのブランドと製品の公認アンバサダーとなりました。この就任により、ポール・ボキューズ研究所で、独創力と情熱をかけた、極上のSTAUBレシピが誕生しました。

この由緒あるSTAUB社を2008年より傘下にもつツヴィリング J.A. ヘンケルスグループ役員のミハエル・ゴードナー氏は、確かな手応えを実感しています。

『ポール・ボキューズ氏が自身のレストランでSTAUBの製品を使っている、この事以上に製品の品質を証明できることはありません。そして同時に、1965年から50年もの間、ミシュランの3つ星を獲得し続けるという偉業を成し遂げているシェフが、STAUB製品を自身のレストランで使い続けている、それは私たちの誇りでもあります。』

STAUBの製品は日々、味わい深い野菜、肉、そしてソースを作り出すリヨンのボキューズキッチンで最高のパフォーマンスを提供しています。

料理界の偉大なる伝承者ポール・ボキューズ氏も『現代のフランス料理は鋳物鍋でゆっくりと調理すること無くして語れません。その点でSTAUBの鍋は本当に素晴らしいデザイン性と高い機能性を兼ね備えています。』と述べています。

こうした15年間に渡る揺るぎないパートナーシップを讃え、そのミシュラン3つ星シェフの誕生日に、前出の特別な寄せ書きそしたSTAUB鋳物ホーロー鍋がプレゼントされました。

彼らが寄書きしたSTAUBのオーバルココットは、料理界のオリンピックといわれるフランス料理コンクール「ボキューズ・ドール 2013」が開催された際に、世界中から集まった約200名のプロの料理人から、何十年もフランス料理界を先導してきたシェフ ポール ボキューズ氏への友情と敬意を讃える証なのです。

 

STAUB Paul Bocuse

ポール・ボキューズ氏への特別な鋳物鍋

ポール・ボキューズ

STAUBと15年に渡る揺るぎないパートナーシップを築き続け、50年間ミシュランで3つ星を獲得し続けている唯一無二の存在のシェフ。

その彼の誕生日を祝い、特別なSTAUB鋳物ホーロー鍋をプレゼントしました。その時の様子を動画で紹介しています。

 

STAUB Paul Bocuse

『STAUBの鋳物ホーロー鍋で煮込んだ上質な「オッソ・ブーコ」(仔牛スネ肉の煮込み)は、格別に素晴らしく、フランス料理の味の違いを教えてくれる。STAUB ココット、ブラボー!』

Shop

オンラインショップでSTAUB製品の詳細を見る